チェロリン村とは

よく「チェロリン村」はどこにあるのですか?と聞かれます。1991年に活動開始した頃には、

回答は簡単。所在地は、山中湖にある音楽ペンション“セロ”(オーナーがアマチュアの

チェロ奏者)と、簡単に答えることが出来ました。村長の声かけにより、室内楽の

演奏仲間20人ほどで、しばしば音楽合宿をここで楽しんでいたのです。

演奏は深夜にまでおよび、本当に多くの回数を数えた合宿のお楽しみでした。

今では、数多くの合宿を一緒に楽しんだ楽器演奏仲間とか、その後に知り合った

多くの合奏仲間とかも入れて、あちらこちらの場所でコンサートや演奏・飲食のある

音楽パーティーなど、色々なことをしています。今では、“チェロリン村はどこにあるの?”

というご質問には、回答が難かしくなっています。

室内楽を主体とした演奏の醸し出す時空は、聞いていただける方々に、

心の和む憩いのひとときを差し上げることが出来ます。今では

活動範囲が広まったチェロリン村は、社会に音楽のもたらす和やかさや潤いを

提供していると、思っています。


コンサートパーティーでのプログラム前半の様子

チェロリン村・村長 土谷庫夫  (cla-o@hotmail.co.jp

最初に戻る